FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

雪の中越を行く 1月12日、13日 (その2)

昨夜からの雪も大して降らず5センチ程。朝食後に皆で雪かきして“星野ハウス”を跡にしました。
和南津の丸山さん宅では、小林さん夫妻も来ていました。そばの会計を関口(会計士)さんに見てもらい、手直しをしてもらい、今後のやり方をどうしていくか話しました。
丸山さんの奥様のふるまいを頂き、昼には皆で“つり吉”のラーメンを食べました。ラーメンの出前を取るのに、味噌がいくつ、しょう油がいくつと数をまとめると、丸山さん宅にいるのに小林さんの奥さんが電話をかけ「ナカヤチ(丸山さんちの屋号)だけど、味噌6つ、しょう油油2つ、出前お願いします」と。それを見ていた栃木の面々は、何故かほんわか嬉しくなっちゃいました。屋号で通じる会話がいいなぁ。出前に来てくれたのがつり吉のマスターでこれまた嬉しくなっちゃいました。
ラーメンで温まった後、集落センター前の雪原での“賽の神”。栃木から来た私達を快く受け入れてくれる和南津の皆さんと新年の挨拶を交わしました。
小雪が降る中、点火し、燃え上がる炎と爆竹の音が鳴り響きました。爆竹が治まり和南津の天神囃子が雪の降る雪原に響き渡りました。火が落ち着いてくると、みな竹や木の枝に吊るした“スルメ”をあぶって、皆で食べて無病息災を祈願しました。

今回は、中越沖地震の被災地でのイベント開催の事前調査と雪掘りボランティアが目的でした。しかし雪が少なく大した活動も出来ませんでしたが、木沢、和南津の皆さんにあえて、交流が益々深まっていることを実感でき、嬉しい一泊二日でした。
 
来月の23日(土)には、『かわぐちの雪洞火蛍まつり』が開催されます。
震災から一度も開催されなかった(05、06は、大雪。07は雪なしの為中止)このイベントですが、是非とも今年は参加したいものです。
雪が作り出す幻想的な景色と新潟のもてなしを、そして何より、川口町の皆さんに会いに行きませんか!
  1. 2008/01/17(木) 22:10:08|
  2. 新潟中越沖地震

カテゴリー

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局