FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出前☆足湯隊(5月4日いってきました!)

5月4日、今日は福島県の避難所に足湯に行ってきました。

初の出張足湯隊です。

今まで県内の避難所で出会ってきた方達は、南相馬市、飯舘村の方達でした。
今日は初めていわきの方達にお会いしました。

皆さん温かく迎えて下さいました
以下避難者の方々のつぶやきです。
足湯inいわき  足湯には子供もきてくれます

<避難者のつぶやき>
○例年だとGWに田植えをしている。田植えの様子を見ると、とても悲しくなる。家族は皆元気なので、またお米を作れるようにがんばる。夜は今も眠れない。津波で逃げるときのシーンを思い出してしまう。【60代・女性】

○プライバシーがないため、精神的なストレスはある・・・。【50代・女性】

○・日用品などあらゆるものが足りない。(他の避難者は自宅に帰れるのであるが、私たちは・・・)
 ・夏場にアイスとかの差し入れしてほしい。
 ・服→冬服・下着などはあるが、夏服がない。
 ・これから扇風機がほしい(エアコンなどがないから・・・)
 ・30年は住めない地域なので、今後は子供たちが就職した先で暮らして生きたい。福島は離れたくない。【50代女性】


○・いろんなボランティア団体が来ているみたいで、来ては別れの繰り返し。別れるのがが嫌。
 ・何度も何度も同じ遊びで飽きた。遊ぶ道具と遊ぶ人がいない。
 ・寝不足が続いている【6歳・男児】

○・お風呂に入っていても、いつ地震がくるかわからないという恐怖感からまったくリラックスできず、入ったらすぐ頭を洗っていつでも出られるようにしてしまう。
 ・食事の配給はあっても同じようなもので、なかなか食欲もわかない、意識して食べている。【23歳・女性】

車窓から <<<<< トイレ建て位置津波にゆがんだトイレ
倒壊した古い家屋・車窓から

<メンバー感想>

○ 「まけないぞう」に興味を持ってくださった方が多かったので、
  次回は、そっちもできるような状況をつくっていったほうがよいかなと思います。


○ 車で少し走ったら 近場でも津波の被害があったので、その辺のニーズがどうなっているかが
  気になった。

○・足湯をしていた男性が、とても気持ちが良いですと言ってくれたのを聞き、少しの間でも
  リラックスできる時間を作ることができてよかったと思いました。

 ・小さな子供たちと少し遊んだ時、自分の持っているおもちゃを見せてくれたり、自分の
  お菓子を私にくれたりと、とてもあたたかな気持ちになりました。
  また何度か行って、子供たちともっと仲良くなって色々な話を聞き、私たちが行くことが
  少しでも楽しみな時間にできていったらいいと思いました。


まけないぞう講習会も足湯も、福島出張を引き続きおこなっていきます。
 続報をお待ちください!
  1. 2011/05/06(金) 16:02:16|
  2. 東日本大震災

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。