FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月6日 第3回足湯隊

4月6日(水)、第3回目の足湯隊が鹿沼フォレストアリーナに行ってきました!

今回は12名のボランティアの方に集まっていただきました。
うち、6名が以前にも足湯隊に参加して下さった方です。


そして、以下は足湯隊に参加したボランティアの方の声です。

・足湯と言うと恥ずかしいとか恐縮と思う方がいる。押しつけにならないような声掛けを考えたい。
・子どもも来てくれたが、子どもには椅子が高かった。今後は子ども用の足湯セットなども考えたい。
・比較的、人と関わる事が得意な人は来られたけれど、そうでない人は来られなかったのでは?そういう人ほど必要だったりするのでは、と思うので、今後はそのような方がたにも行きわたる声掛けが出来たら。
・前回お会いした方にまたお会いできてたくさん話が出来て良かった。
・今後は生活復興に向けた生活や専門的アプローチが必要になってくると思う。
・何度も足を運んで行くうちに顔を覚えてくれたり、リピーターになってくれる方が増えて嬉しい。


全部で35名の方が足湯に来てくれ、「肩をさすってくれるだけで元気になるよ。」(80代・男性)、「また待ってます」(50代・女性)、「とても気持ち良かった。寝てしまいそうだった。」(10代・女性)など嬉しいお言葉を頂きました。



足湯隊リーダーの石田の感想です。
何度か伺ううちに覚えて下さる方、一週間くらい来なかったよね?と言って待っていて下さったおじいちゃんなど、継続させてもらえる事野喜びを感じました。
今日は子どもたちも5人くらい来てくれて、子どもは子どもなりの考えで震災を受けているんだなと思いました。
そんな子どもたちのためにも、私たちもできる事から始め、支え合い、元気な日本を取り戻したいと思います。




また、私個人の感想として、
「事務所の外を歩いていたらたまたまボランティア募集を知ってちょっと来ちゃいました」っていう高校生が毎回足湯ボランティアに参加してくれていたり、春休み中の大学生が友達を誘って参加してくれたりするのがとても嬉しく思っています。
ただ、私自身いつも事務局に張りついていて、避難所の様子や避難している方の声を他の人の目・耳を通してしか知らないので、より被災者の方のためになるサポートをするためにも実際に足湯に参加したいですね。


今後の予定は以下の通りです。
4月9日(土) 壬生町の嘉陽ヶ丘の避難所 ボランティア募集締め切り
4月15日(金) 場所未定 ボランティア募集中!
4月22日(金) 場所未定 ボランティア募集中!


足湯ボランティア参加希望の方は、とちぎボランティアネットワーク事務局(栃木県宇都宮市塙田2-5-1 共生ビル3階、TEL028-627-5590)までよろしくお願いします。
IMGP1061_convert_20110407190821.jpg
  1. 2011/04/07(木) 17:49:09|
  2. 東日本大震災

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。