FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

新燃岳噴火災害支援活動報告会

3月1日(火)、オルとち会議に合わせて、オールとちぎの柴田隊長の
新燃岳噴火災害支援活動の帰還報告会が行われました。
2月16日~24日までの9日間、現地に滞在して火山灰と格闘してきた報告です。
持ち帰った様々な地区の火山灰を紹介しながら現地の報告があります。

高原町のお寺、光明寺を拠点に、足湯を主軸に行っていきます。
足湯で関係の出来たお宅の灰の片づけなどをさせてもらったようです。
地域の皆さんは、屋根に積もった灰が気になって屋根に登り
転落してけがをする方が多いといいます。
素人には危険な行為ですが、我が家が潰れたら…と不安になり行動に移します。
また、ボランティアの派遣は、高齢者世帯や障害者世帯に限られています。
だから、ニーズはあるはずなのですが。。。

これから季節が春になると風向きが変わってくる。
降灰の地域も変わってくる。
まだ被害を受けていない地域では、
今のうちから灰に対する支援策を講じておくといいのですが。

いつまで続くかわからない噴火災害。
長期戦となると思われます。
継続して被災地を応援し続けたいと思います。
DSC00032_convert_20110308224606.jpg

DSC00033_convert_20110310204407.jpg



霧島・新燃岳 噴火災害 「ボランティア活動支援金」募集
      &
ニュージーランド地震 「NGO活動支援金」募集

■「霧島・新燃岳噴火災害」のご寄付と 「ニュージーランド地震NGO活動支援金」のご寄付を募っています。
霧島では現在本会ボランティアが現地で活動していますが、「火山灰とのたたかい」「お年寄りが多い街で
農業にも被害があり、灰がの除去でくたびれた。足腰が痛い。いつまで続くのか・・・」と報告がありました。
新燃岳のご寄付は「震災がつなぐ全国ネットワーク」を通して被災地でのボランティア活動に使われます。

3/12(土)11時から街頭募金実施。
二荒山神社前で。街頭募金ボランティアも募集



-----以下、3月2日付け下野新聞の記事-----

「人手の少なさ深刻」 新燃岳でのボランティア報告 宇都宮の柴田さん
(3月2日 05:00)

 霧島連山・新燃岳の噴火活動に伴い、降灰などの被害が出ている宮崎県にボランティアとして訪れ、住民の支援活動を行ってきた宇都宮市、会社員柴田貴史さん(33)が1日、宇都宮市内で報告会を行った。

 柴田さんは、NPO法人「とちぎボランティアネットワーク」(とちぎVネット)の派遣で、2月中旬の9日間、同県高原町に滞在した。一人暮らしの高齢者らに「足湯」を提供し、話を聞いたところ「屋根に積もった灰が家を押しつぶすのではと不安」「灰が目に入るだけでめいってしまう」という声が多かったという。

 柴田さんはすぐに、道路や民家周辺に積もる灰を除去する作業に加わった。「灰を集めてトラックに積み、灰捨て場に持って行く。一日中、この繰り返しで、1日に20トンほど運んだ。現場では人手のなさが深刻だった」と話した。

 風向きによっては、別の地域が被害に遭う可能性も高いことから、「今のうちに近隣地域でネットワークをつくり、災害に備えることが必要ではないか。また、お年寄りらの精神的ケアも求められている」などと話した。

 とちぎVネットでは、ボランティアの活動支援金を募集。12日には宇都宮市の二荒山神社周辺で街頭募金活動を行う。問い合わせはとちぎVネット、電話028・622・0021。


-----以下、3月2日付け毎日新聞の記事-----

新燃岳噴火:「県民の連携必要」 宮崎派遣のボランティアが報告 /栃木
毎日新聞 3月2日(水)12時6分配信

 霧島・新燃岳(しんもえだけ)の噴火災害で、「とちぎボランティアネットワーク」(宇都宮市)は1日、宮崎県都城市などに先月16日から派遣されたボランティアコーディネーターの会社員、柴田貴史さん(33)の報告会を同市の事務所で開き、今後の支援のあり方などを話し合った。柴田さんは今後、風向きの変化で被災地域が増える可能性が高いとして「県民同士で助け合える仕組みが必要ではないか」などと話した。
 同会は95年の阪神大震災を契機に各地の災害で復興支援ボランティアの派遣や募金などを行っている。柴田さんは、同会も参加するボランティアの連絡組織「震災がつなぐ全国ネットワーク」のメンバーと共に都城市などでお年寄りの足湯や灰の除去などの作業に関わった。
 報告会で柴田さんは噴火災害独自の特徴として▽火山灰を屋根から下ろしたいのが住民の一番の要望だが、難しくけが人が多発している▽噴火がいつ収まるかめどが立たないことがストレス▽マスクがあるのにしない人が多い▽灰を捨てるのが重労働でボランティアのニーズは高い--などと地元の人々の様子を伝えた。
 また、今後の支援として、同会参加者と県内の別の地域住民との連携▽継続的な精神的ケアが必要では--などと話し合った。
 同会は新燃岳とニュージーランド地震でボランティア・NGO活動支援にあてる募金を募集している。問い合わせは同会(028・622・0021
  1. 2011/03/03(木) 00:04:20|
  2. その他地域

カテゴリー

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局