FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

復興は誰のため?

12月1日「くりこま応援の会」において、
第2回復興に向けての意見交換会が開催されました。
オールとちぎから2名が出席しました。
平日だというの…って代休です。

夕方、花山地区の仮設住宅の様子を見に行きました。
途中、雪のかぶった栗駒山をパチリ。
DSC04628_convert_20081203225241.jpg

花山地区には3か所の仮設住宅があります。
高齢者世帯にはスロープが設置されていました。
DSC04636_convert_20081203225514.jpg

高齢者のいない世帯には、スロープはありません。
地区のおばあちゃんと話をし、北からの風が強くて寒いと聞きました。
DSC04641_convert_20081203225811.jpg

北風が少しでもやわらげられるような風除の設置が望まれますが、
自費でやるしかないようです。
仮設があるあたりで60㎝ぐらい積もるようです。

応援の会に戻り、開始時間まで復興の会の大場会長と少しお話。
大場さんは、復興学会の木村先生との相談のやり取りがあるようで
木村先生から、「花山・耕英両地区でまとめて要望書を作った方が良い」といった
アドバイスを受けていました。

花山・耕英両地区の被災者の方々、宮城県社協、応援の会とが集まり意見交換会が始まりました。
しかし、栗原市社協が欠席との連絡。
何の言葉も出ません。

コメントできません。

被災者の方々の怒りがヒシヒシと伝わってきます。

しかしながら、不満を訴えるだけでは何も始まらない…
ということで交換会開始。
DSC04648_convert_20081203230036.jpg

両地区から現状の報告がありました。
いろいろな意見が出たところで、
復興に向けて地域全体で考えていかなければいけない!ということで
とちぎのキミジマさんより“復興デザイン(将来ビジョン)”についての説明がありました。
(内容は、キミジマさんから説明してもらうとして省略します)
DSC04654_convert_20081203230225.jpg

現状に困窮し、先を考えられない現状にある被災者の皆さんからすれば
ピンとこない内容だったのかもしれませんが、
将来の目標をきちんと考えておかなければ、
春の雪解け後の山に戻ってから考え始めるのでは遅いのです。
DSC04653_convert_20081203230407.jpg

復興デザインを考え始められるように
地域がまとまって、話し合って、課題を共有して、
問題解決してゆきましょう。
“山に帰る!”という目標に向かって!
  1. 2008/12/03(水) 23:05:45|
  2. 岩手・宮城内陸地震

カテゴリー

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局