FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

「マリと子犬の物語」上映会&被災体験座談会 inさくら市

5月11日(日)に、栃木県さくら市において、
「マリと子犬の物語」の上映会&被災体験座談会が
さくら市氏家公民館にて開催されました。
今回の企画は、さくら市生涯学習課が主催となります。
オールとちぎは、座談会と同時開催中の災害写真展での協力でした。

栃木県では、田植えも一段落といったところですが、
新潟県川口町木沢では、まだ田植えの準備中。
なかなか雨が降らないから、田おこしもまだのようです。
そんな中、川口町の木沢より星野さんと平沢さんに御足労願い、
はるばる栃木まで来ていただきました。

前日より木沢から宇都宮入りしていたお二人との打ち合わせ。
台本はあるものの、読みながらしゃべるのは・・・
もう考えても仕方がない!いざとなったらアドリブで!

さて実際の座談会はというと、上映前の45分間に行われました。
04年の中越地震、そして07年の中越沖地震など説明の後、
木沢のお二人とオルとちの二人が座談会を進行します。
震災後の様子や復興に向けて取り組んでいる事柄など
お二人から話していただきました。
入場者というと、始まった頃は80名ぐらいでしたが、
座談会が終わる頃には160名程が入場されたようです。

座談会後、どんどん入場者は増え、最終的には450名程が入場したということです。
やはり親子連れの参加者が多かったです。
映画は、皆さんもご存知かとおもいますが、旧山古志村であった実話です。
親子の絆、兄妹の絆、動物との絆、地域の絆が描かれていました。
涙なしでは見られない映画でした。
上映後、予定外でしたが、集まった皆さんの前で
再度、座談会のメンバーが壇上に上がり、
災害が起きて思ったことや常日頃の備え、
復興に向けての取り組み等の話がありました。

今回、病床の矢野さんもはるばる上映会に来てくれました。
終了後、平沢さんが初めて観たというこの映画にえらく感激されておりました。
実際の被災者によるお話もさることながら、映像のもつ影響力は大きいなぁ~
と感じたものでした。
木沢から来ていただいた平沢さん、星野さん、
お忙しい中、ありがとうございました。


追伸 私的なことですが、PCが壊れてしまいました。泣)
    数年分のデータが飛んでしまいました。大泣)
    やっとリカバリーして使えるようになりました。汗)
    皆さん、バックアップはこまめにしましょう!苦笑)
  1. 2008/05/11(日) 18:15:42|
  2. 栃木県内の活動

カテゴリー

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局