FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BBV10周年コンサート 新潟から応援に来たよ!

今年で10周年を迎えるBBVのコンサートが、27日(日)宇都宮市文化会館大ホールで行われました。
なんでBBV?と思われる方、こちらをクリックしてご覧ください。

で、先週、まちかどVネットでそばの販売を行った旧川口町和南津の皆さん
2週続けての来県、ありがとうございます。
車中のおちゃけもほどほどに抑えて開場まで待ちます。
生憎の小雨が降る中、更に蒸し暑い中、1週間後の再会を喜び(?)ました。
今回、サプライズがありました。
わくわくの丸山さんの奥様が、「ONE」を書いて来て、BBVの皆さんへプレゼント
DSC08949_convert_20100628204421.jpg
早速、会場に飾っていただきました。(下に置いてある絵は、関係ありません)

DSC08964_convert_20100628205420.jpg
コンサート開始直後から、圧倒的なパワーで繰り広げられる歌の数々。
DSC08969_convert_20100628205105.jpg
ゲストとしてアメリカのシカゴ在住の菊田俊介さんも登場。
しびれました
ギター界では有名な方だと、弥七先生に聞きました。
DSC08967_convert_20100628205228.jpg
他にも、panndaさんにハナさんも。

山中陽子さんのパワフルな指揮やハイレベルな歌声に、興奮冷めやらず。
コンサートの最後、アンコールでその時はやってきました。
"○○のみなさーん!"コール
山中代表が、コンサートに来た方々に声をかけてくるので。
勿論、「新潟の皆さーん!」
みなスタンディングで
「うぉーーー!」
川口にBBVの歌声を響かせて、交流が今も続いていることの紹介もありました。

DSC08980_convert_20100628205605.jpg
あっという間の3時間半でした。
終了後、BBVの皆さんとの別れがなかなかできず…
7時に新潟への帰路に向かいました。
BBVの皆さんのコンサートは勿論の事、新潟からバスを仕立てて応援に来る
新潟パワーにも感服、素敵なサプライズまで
BBVと新潟の皆さんに元気をもらった私でした。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/27(日) 23:52:46|
  2. 会議・研修・講座・イベント

鹿沼市社会福祉協議会で防災講座(その2

6/16の防災講座に続き、6/23の今回は、実際にボランティアセンター(以下ボラセン)の運営を行います。
前回作った組織図などを基に、会議室を2つに分けて、2つのボラセンを作ります。
初日のボランティアの受け入れから送り出しまでを行います。
20分間でボラセンを完成させなければなりません。
今回は、この会場(会議室)をボラセンとした場合の、役割分担、配置図など全て自分たちで考えます。
受付は?マッチングは?保険は?ニーズは?地図は?物資は?などなど全て自分たちで考えなければなりません。

DSC08930_convert_20100628212331.jpg
部屋の広さを見て配置を決めていきます。
どんな配置にすれば、ボラさんが効率よく動けるかの確認をしています。

DSC08931_convert_20100628212436.jpg
受付をしてから、待機場所や地図の場所、ニーズマッチングの場所など流れの導線を作ります。

DSC08934_convert_20100628212714.jpg
実践開始です。大まかではありますが、
①受付・・・一度に数人以上が受け付けできるようにしました。
②マッチング・・・地元を知り尽くしていて、尚且つ声の元気な方が仕切っていました
③地図の確認・・・現在地から歩いていけるかなど確認します
④資材の受取・・・何があって何が必要か確認します
⑤現地へ・・・大きな声で「行ってらっしゃい!」とても気持ちよく出発です。
ボラセンがうまく機能するように皆さんそれぞれの担当のところでの工夫がされていました。

DSC08933_convert_20100628212559.jpg

最後に全員で振り返りを行いました。
・実際にやらないとわからないことがわからないが、今回はそれでわかったことがありました。
・1回目より2回目のほうが良くできた。もっと回数を経験して自分のものにしたい。
・今回は送り出しまででしたが、作業終了後の報告も大切で、翌日の作業の情報になります。
・2回目はスムーズにできましたが、実際現場は修羅場なんでしょうね・・・。
・時間がない中で、効率良く作業すること(ボラセンの立ち上げ)の難しさを実感しました。
・マッチングなどでどこか決まらずに困っているときは、地元の方の元気な声で仕切られると言うことを聞いてしまう。


  1. 2010/06/24(木) 17:55:27|
  2. 会議・研修・講座・イベント

まちかどVネット

6/20(日)に宇都宮市のオリオンスクエアで開催されました
”まちかどVねっと”無事に第1回を行うことができました。
梅雨の季節真っ只中の当日でしたが、天気予報も跳ね返すような
ボランティアの皆さんの熱気により天候に恵まれました。
オールとちぎは防災クイズを行いました。
大人用に20問、子供用に10問の問題を作りました。
参加された方何名かに点数を聞いてみると
20問中10問正解前後が多かったので、難しかったのかな?
今回のを参考に、今後に生かしたいと思います。
さて、他の様子はというと、新潟県長岡市(旧川口町)和南津から
ソバと、あぐりより餅つきがありました。
DSC08854_convert_20100626134534.jpg DSC08855_convert_20100626134641.jpg
DSC08870_convert_20100626192012.jpg  DSC08888_convert_20100628210047.jpg
DSC08887_convert_20100628210340.jpg  DSC08879_convert_20100628210507.jpg

DSC08864_convert_20100626140157.jpg
来週行われるBBVのコンサートの練習が近くで行われていたようで、
和南津の皆さんと3年前から交流があるかたも多く、
BBVのメンバーの方も何人か来ていました、
会場の奥から大きな声で呼び込みをしていたので、
入り口付近にいたオールとちぎからもよーく聞こえてました。
動きのある出店は手前のほうが、お客さんにアピールしやすかったかな~と思いました。
1週間以上寝かせたそばつゆうまかった~
つきたて餅もおいしくいただきました。


新潟からのおそば組は、用意した100食ちょっとを完売!
BBVの皆さんが近くで練習をしていると聞きつけで見学に。
DSC08922_convert_20100628211029.jpg  DSC08921_convert_20100628211215.jpg

今回は、新聞やラジオなどでたくさん宣伝していただきました。
出店もさまざまあり、たくさんの方がきていました。
思ったより多かったのかな?
DSCF4813.jpg

6/26(土)にVネットで反省会を行う予定です。
詳細については、実行委員の方に確認してください。
  1. 2010/06/20(日) 17:14:24|
  2. 栃木県内の活動

まちかどVネット 来て下さいね!

あ・まちかどVネットが、明日に迫りました。
天気は、あまりよくありませんが、会場のオリオンスクエアは屋根つきです。
既にご存知かと思いますが、新潟から旧川口町の皆さんがかけつけてくれます。
てんぷらそばに、杵つき餅が登場します。
和南津のあの人に会いたいあなた、ぜひとも“まちかどvネット”に来てください。
お待ちしております。

まちかどVネット
日時:平成22年6月20日(日)10:00~15:00
場所:オリオンスクエア

※会場に駐車場はありません。有料パーキングをご利用ください。

  1. 2010/06/19(土) 16:31:38|
  2. 栃木県内の活動

鹿沼社会福祉協議会で防災講座

6/16(水)午後7時~9時
鹿沼市社会福祉協議会での防災講座を行いました。
今年で3年目となり、今年の目標は「ボランティアセンターのマニュアルづくり」です。
まずは6/16と6/23の2回行われます。
鹿沼市は水害で亡くなられた方が出たこともあり、水害対策についてとても力を入れています。
南北に複数の川が流れているところで、水害の危険性は毎年
防災マップには、どの川が氾濫したらどこへ避難するなども細かく記入されていました。
避難所に指定されていても、近くの川が氾濫していたらそこは危険区域になります。
その場合に別の避難所へ行くようにするなど、わかりやすいマップになっていました。
さて、今回の防災講座ですが、ボランティアセンターとは何ぞや?ということからはじめました。
前半は、とちぎVネットの矢野事務局長が、那須水害での活動や、新潟や宮城震災での活動の話を交えて
ボランティアセンターの役割について話ました。
DSC08819_convert_20100628212113.jpg
後半は、実際に鹿沼市の防災マップを使い、ボランティアセンターの設置をする準備の話し合いを行いました。
「○月○日○時に△△川が氾濫、床上浸水○件、床下浸水○件、翌日からボランティアセンターを立ち上げることになりました。①場所は?②組織図は?③物資は?」
4つのグループにわかれ、それぞれどこにどのようなボランティアセンターを作ればよいかなど話し合いました。
さすが地元の方、あそこは池があるから危ないとか、こっちの避難所は坂道だからなど具体的な話がたくさん出ました。
DSC08827_convert_20100628211828.jpg DSC08828_convert_20100628211948.jpg
ボランティアセンターとはなんぞや?という方も多く、被災者の声とボランティアをつなげるためにはどうしたらいいか?などのいくつかのヒントを元に、ボラ受付係り、ニーズ聞き取り係り、宣伝係り、物資調達係りなど組織図が少しずつ形になってきました。
女性の多かったグループからは、福祉関連(心のケア)なども大切だなど、被災者の気持ちを大切にする係りを作るなどの具体的な話も出てきました。

来週の6/23は、実際にボランティアセンターを立ち上げて、どのように運用するか行います。
  1. 2010/06/17(木) 17:29:37|
  2. 会議・研修・講座・イベント

岩手・宮城内陸地震2年目の取組み

震災から2年を迎えた被災地の栗原市で6月13日、14日に行ってきました。

オールとちぎでは震災以後、”NPO法人ハートネットふくしま”と共に栗原市に事務所をお借りして、
「くりこま応援の会」として毎週日曜日にカレーの日を企画したり、
復興支援の制度的なことへの対応(情報提供など)などを行ってきました。

今回、耕英地区の皆さんが記念誌を作り上げたことと慰霊のため参加させていただきました。

この2年間で耕英地区の人たちの並ならぬ努力と連携により少しづつではありますが、着実に復興していることを感じました。

これからも「よそ者(地区外の支援者)」としてかかわり続けたいと思います。

  1. 2010/06/15(火) 10:25:33|
  2. 岩手・宮城内陸地震

『山が動いた-岩手・宮城内陸地震と栗原市耕英地区-』

震災から2年を迎えようとしている岩手・宮城内陸地震の被災地栗原市。
オールとちぎも震災以後、”NPO法人ハートネットふくしま”と共に栗原市に事務所をお借りして、
くりこま応援の会」として毎週日曜日にカレーの日を企画したり、
復興支援の制度的なことへの対応(情報提供など)などを行ってきました。
事務所は、昨年夏に引き上げました。その後は、福島、栃木両県より応援しておりました。
今回、耕英地区の皆さんが記念誌を作り上げましたのでご紹介します。


■■■ 2010年6月14日発行 ■■■

         山が動いた
 -岩手・宮城内陸地震と栗原市耕英地区-


  震災から2年を迎え、被災の記憶を遺し、
  これからの復興へかける住民の想いが一冊に!
  「くりこま耕英震災復興の会」が発行する震災の記録誌。

  << 内 容 >>

  第1章 被災前の耕英地区
  第2章 地震と被害
  第3章 初めての被災(被災住民へのインタビュー録)
  第4章 それぞれのその時(世代別座談会録)
  第5章 支援者からのメッセージ
  資料編

 *B5判184頁、巻頭カラー、定価:1,000円(税込、送料別)

 *代金は、書籍発送の際に郵便振替用紙を同封させていただきますので
   書籍到着後10日以内に郵便局にてお振込みいただきますようお願い申し上げます。
   詳細は、書籍発送の際にご案内させていただきます。

 ●お問合せ先
   くりこま耕英震災復興の会 
     〒989-5371 宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東43 山脈ハウス内
     TEL&FAX  0228-46-2220  
     e-mail     info@koei.at



<注文フォーム>
 ご注文の方は下記の項目をご記入の上
 info@koei.at (くりこま耕英震災復興の会 宛) へ送信してください。

□注文数:   冊
□お名前:
□ご送付先ご住所:  
     郵便番号: 
□ご連絡先電話番号:
□請求書は必要ですか
  必要 ・ 不要 (どちらかに○印をつけください)
  「必要」の場合、請求書の宛名が上記のお名前と異なる場合はご記入ください。
   *請求書の御宛名:




詳しくは、こちらでご確認ください。


  1. 2010/06/11(金) 23:41:19|
  2. 岩手・宮城内陸地震

まちかどVネット

◆宣伝◆
認定NPO法人とちぎボランティアネットワークを
みなさんに広く知っていただこうと6月にイベントを行います。

Machikado.jpg

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2010/06/10(木) 19:33:19|
  2. 栃木県内の活動

6年目の和南津そば

2010年5月30日、6年目となる和南津そばの会に今年も参加しました。
あれからそんなに経つんですね。
オーナーさんや、協力してくれる方が少しずつ増え、にぎやかな会になってきました。
参加者は地元和南津より数名、とちぎより8名です。初回はいつも栃木組が多いようです。
そばオーナー制度といってもそばだけじゃなく、地元の野菜も食べてもらおうと
毎回最初は野菜植えを行います。
今回は、サツマイモ、大豆、糸瓜を植えました。
DSC02289.jpg
和南津の方の指導のもとサツマイモの苗を植えています。
DSC02287.jpg
初めてなのでちょっと腰が引き気味^^
DSC02282.jpg
最初はこんな感じで始まり
DSC02291.jpg
2時間ほどで作業終了。収穫が楽しみです!
さて、お昼に向けてそば打ちの練習と試食です。
そば粉はもちろん和南津産。
今回は、前日から木沢で棚田オーナー制度の方たちが田植えしているので、
お昼をぜひ和南津そばを食べたいと言うことで、同じオーナー制度同士交流です。
DSC02294.jpg
慣れた感じで準備が進み、早速開始。
DSC02297.jpg
右側は黒磯からきた大島さん。
DSC02300.jpg
いい感じに打ちあがりました。
DSC02293.jpg
こちらは初参加のクラブP(鹿沼市からきたみなさん)
DSC02301.jpg
そして、われらがオールとちぎ荒くれ野郎どもまとめてくれる青木さん。
いつもの豪快な動きではなく、繊細な菊ねりは見事です。
DSC02311.jpg
お昼には、峠さんがいつものてんぷらを持ってきてくれました。
初めての方が多いので、自己紹介をしながらの楽しい昼食。
DSC02308.jpg
木沢棚田保全協議会の平澤さんも、大盛りそばに舌鼓。
DSC02314.jpg
昼食後は、2010年6月20日にとちぎで行われる”まちかどVネット”の参加について話合い。
和南津や川口のみなさんが、そばやもちつきを行ってくれる予定です。
実行委員長の天知さん、川口復興委員の春日さんを中心に打ち合わせを行いました。
DSC02320.jpg
中国の震災にあい、現在宇都宮大学に留学していて、地元に帰った時に
災害支援(復興支援)のNPOを立ち上げようと勉強している学生が2名参加しました。
地震にあわれて、数年がたち今復興についての話を熱心に聞いていました。
私たちも初めて聞く当時の様子などの場面もあり、改めて地震の怖さを思い知らされた気がします。
日本にきてまだ日が浅いため、天知さんが同時通訳をしていました。
和南津のみなさんびっくりしてた様子(私たちもですが^^;)

盛りだくさんな和南津そばオーナー制度。今年も元気にやってます。
  1. 2010/06/02(水) 20:13:26|
  2. 新潟中越地震

3年目の田植え 木沢

5月29日(土)、30日(日)の二日間にわたり、木沢の田植えに参加してきました。
今年で3年目を迎える棚田での田植え。
DSC08629_convert_20100612140624.jpg   DSC08613_convert_20100612140755.jpg

DSC08614_convert_20100612140914.jpg   DSC08638_convert_20100612141124.jpg
皆さんご存知でしょうが、手植えです。
田んぼに6角形の道具を使って線を引きます。
できた線に沿って苗を3、4本づつ植えます。
一列に並んで植え始めます。
DSC08644_convert_20100612142701.jpg
今回は、オールとちぎと鹿沼市他の有志による倶楽部Pが田植えに参加。
合計7名の栃木隊。他の田んぼと比べると若手!なのですが・・・
田植え経験者が少なく・・・(中には実家が農家だけどやったことない人も)
昨年に比べると、かなりロウペース。
ゆーっくり足を動かさないと水面が揺れて、線が消えてしまいます。
慎重になればなるほどペースは落ち・・・
天気は曇天で、肌寒いくらいでした。
DSC08622_convert_20100612141258.jpg
昼食に、あちこちの田んぼから皆さん帰ってきます。
田植え前から仕込んでいた猪鍋(いのしし)が登場。
臭みもまったくなく、やわらかい。まさに絶品!おかわりも頂きました。
ブルーシートに座って、さて食べ始めよう・・・と思っていたら、おにぎりがない!
らんんがく舎、他の皆さんは、皆さんがお弁当を食べるのを横目にしながらおにぎりを待つ。
皆が食べ終わる頃に届いたおにぎりの味は、格別のはず。。。

DSC08625_convert_20100612141431.jpg  DSC08641_convert_20100612141550.jpg

DSC08633_convert_20100612141711.jpg
おなかを満たした参加者たちは、のんびりお昼寝&山菜とり
一方、のんびりペースの田植えだったオルとちは、せっせと田植え。
みんながのーんびりとしているの羨ましく思いながら腰を曲げて苗と格闘。
途中、苗がなくなり…「オイ、植え過ぎじゃないか!」と注意を受けて。。。
田圃を除くと誰が植え過ぎかがバレテしまう(苦笑

DSC08650_convert_20100612142510.jpg
そうこう言ううちに田植え終了!
それほど汗はかかなかったけれど、温泉ですっきりしてきます。
木沢ハウスでは、石窯焼きピザとゆかさんの手料理が並びます。
いつ食べても、美味しい。いつもありがとうございます。
時ゆうじさんのバンブーサックスの音色をBGMにお酒を頂きます。
今回は、いつもよりも飲みのペースがゆっくりで、
いつも顔は合わせているけれど話したことはない方々とお話する機会がありました。
DSC08653_convert_20100612141923.jpg
今回の栃木隊の中には、この体験を楽しいだけで終わりにせず、
地元でもなにかできないかと考えながら参加した方もいました。

  1. 2010/06/01(火) 19:23:26|
  2. 新潟中越地震

カテゴリー

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。