FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月の連休は能登半島で

9月19日にさくら市を出発し、石川県七尾市の祭り見物に行ってきました。
今回は栃木より4名で参加しました。

能登半島地震が発生してから熱心に通い続けた村井さんからのお誘いです。
DSC06849_convert_20090929193257.jpg
ボラ待ちやぐら

初めて参加するお祭りに、何をどうすればいいのかわからず、戸惑いながらも地域の方と一緒に
旗枠を担ぎ、時には走ったり、倒したり。独特の音色に合わせて1つの旗枠を操る連帯感と興奮は祭り特有のもの。みんなで力を合わせ、タイミングを合わせるのは初めて参加するものにとっては、とても大変でした。皆さんに迷惑かけてないか心配です。
早朝から始まり、夕暮れと共に終わりを迎えるこの祭り。達成感、充実感、疲労感などなど特に事故もなく、無事終了しました。しかし、疲れた。
DSC06857_convert_20090929192500.jpg
DSC06891_convert_20090929192643.jpg
DSC06908_convert_20090929192809.jpg
DSC06922_convert_20090929192924.jpg
DSC06924_convert_20090929193050.jpg
栃木のモミー隊長とTさんと、日本でなかなか会えない吉椿さん

来年も是非とも参加したいと思います。地区のみなさま、ほんとにありがとうございました。
これも復興支援の一つの形なのかな。

スポンサーサイト
  1. 2009/09/29(火) 14:25:31|
  2. その他地域

日光市で防災講座

9月18日に日光市社協主催の防災講座が日光市で開催されました。
オルとちは、「地域防災」中心に講座をやらせていただきました。

今回の内容はDIGです。約20名の参加者に発災を想定してシュミレーションを行いました。
それぞれの地区の特性を考慮して地元ならではの発想がたくさん出ました。
地域の防災を地域の人が考えるのが一番ではないでしょうか?その際に忘れてならないのが地域への人のかかわり方と支援が必要な人との話し合いだと思います。

日光市では来年1月にも防災講座が開催されます。たくさんの方に参加していただき、納得してもらえますようにがんばります。
詳しい内容や開催場所などにつきましては、日光市社会福祉協議会までお願いします。

  1. 2009/09/27(日) 20:58:41|
  2. 会議・研修・講座・イベント

美里学園祭in焼きそば出店2009

 9月6日は毎年恒例の美里学園祭の日です。参加メンバーは、赤木、天知、菊池、塚本、
「チームつかもと」の若者5人そして徳山の10名の参加です。

 今回で第12回目の美里学園祭、なんと「とちぎVネット」は第1回から参加していて今回
で12回目の焼きそば店の出店です。当然準備なんてパーフェクトのはず、しかし現地で準
備をしていると焼きそばの調理に使う「ヘラ」がどこにもありません。道具箱に入っていると
思い込んで中を確認していなかったのが原因のようです。

現地調達するしかないので徳山、赤木でホームセンターに購入しに行くことになりました。
そのホームセンターに行く途中、いーやな予感のする電話がかかって来ました内容は「紅
しょうがを持ってくるのを忘れた。」・・・。

ここまでは今までの想定内の失敗なのでついでに購入して難なくクリアしました。
販売の様子1
こんな感じで販売 お客さんはいつもの年より少ない

 学園祭も始まり焼きそばを調理して、パックに詰め込む段階で想定外のことが起こりました。
「パックの大きさが違う。」準備した焼きそばを詰めるパックがいつものパックより小さかったの
です。

このパックで予定価格で販売するとボッタクリ業者となってしまうので予定価格より50円下げて
販売することで解決しました。いつもの年より50円安い販売価格の焼きそばは順調に売れまく
り午後1時には完売ペースです。しかし、神はここでも試練を与えてくれたのです。
「割り箸が無くなった、パックが無くなった。」という試練を、あまりの試練の大きさに解決をあき
らめパックの在庫分で販売を終了しました。救いは売り上げ目標金額を達成したことでした。

美里学園そのものの様子はといいますとあまりの試練の連続に報告する材料がありません
ごめんなさい。来年は完璧な美里学園祭焼きそば出店の報告ができることを約束したいと思
います。

販売の様子2
美里学園祭フィナーレの様子 よく見ると矢島美容室の人がいるような気がする

  1. 2009/09/16(水) 23:03:29|
  2. 栃木県内の活動

川口へ里帰り? その2

9月6日、和南津のナカヤチさん宅を後にし、木沢へ
今回の新潟訪問の主目的はコミュニティビジネス講座で、棚田オーナーに参加しての意見を述べる事。
”山の暮らし再生機構(LIMO)”主催の「コミュニティビジネスのススメ」
昨日は、小国の法末でコミュニティビスネスの概論を学んできたようです。
本日は、山古志と木沢に分かれての講座。

木沢ハウスには、既に平澤さんが昨日の研修会場から戻ってきていました。
復興支援センターの女性スタッフWさんともお話しすることができました。
そうこうするうちに研修参加者の皆さんが到着。
その中には、震災後にお世話になった池井さんや復興デザインセンターの阿部さんの姿も。
池井さんの進行で、棚田のオーナー制をまとめている平澤さんからの話がありました。
DSC06804_convert_20090908221459.jpg
その後、意見交換会の際に、オーナーとして参加している私たちの意見も。
オーナー制が始まる前から木沢ハウスには来ていたので
純粋にオーナーとしての意見という意見もなかなか言いづらく(苦笑
平澤さんが目指していることも常々話の中で聞いているので、
今後とも木沢ハウスには、遊びに行きます!
DSC06807_convert_20090908222305.jpg
今回、らんがく舎の宇田川さんも参加し意見を述べていました。

途中、実際の棚田を視察。
DSC06813_convert_20090908221923.jpg
DSC06821_convert_20090908221809.jpg
棚田では、オーナーさんが草刈りしていました。
夏場の日照時間が少なかったので稲刈りは送れるかな・・・
と思われていましたが、ここのところの好天で、反対に早まるかも??

木沢ハウスに戻って講習会再開。
DSC06800_convert_20090908222110.jpg
稲作りに際しての農薬の使用時期や量、カルガモ農法についてなどの話もありました。
その後、早めの昼食
平澤さんの娘さんの手料理が並びます。
写真を撮っていなかったのが残念。
夏野菜をふんだんに使った料理の数々
美味しくいただきました。ご馳走様でした。

研修参加者は、小国法末に戻りました。
食事の後片付けをして、栃木組は木沢ハウスを後にしました。



おまけ
めえちゃんの息子
DSC06827_convert_20090908223347.jpg
和南津のそば畑
DSC06831_convert_20090908223508.jpg
小さな白い花も少し咲き始めています


  1. 2009/09/09(水) 00:05:48|
  2. 新潟中越地震

川口へ里帰り? その1

9月5日(土)、川口町に、川口町と友好都市の東京都狛江市の皆さんが交流にやってきました。
数日前に和南津のナカヤチさんからそば打ちの手伝いをお願いしたい!
と話が舞い込んできて「はい!」と返事。
で、当日、栃木では各所でイベントが行われ、新潟へは女性二人で参加となりました。

ラーメンつり吉でおなかを満たし(旨かった!)、会場となる“杜のかたらい”に集合。
和南津の皆さんや復興支援センターの方々が準備してます。
狛江市から参加の5名が、そば打ちに挑戦します。
そばの郷の代表、イサブロさんの挨拶、そして、会計&広報(?)担当のナカヤチさんから、
震災ではお世話になったとの挨拶もありました。


で挨拶の後、早速そば打ち開始!
いつもの調子でそば粉とふのりを会わせます。
まとまって来たらこねます。
DSC06758_convert_20090907230833.jpg
でも、その頃から???が
まとまらない。というか硬い。
少しづつふのりを追加するが、なかなかいつもの滑らかさが出ない。
5組み中、5組みともまとまらず・・・
DSC06761_convert_20090907230945.jpg
なんとかのして切る工程まで行った人。
のせずに諦めて、再度粉から挑戦した人。
肝心の狛江市の方々は、難しいんですね~と
だんだん原因が判明してきました。
今日は、9月だというのに30度を超す暑さでエアコンを使用。
犯人はエアコンだ!とわかった時には、みな疲れ果て、そば粉も使い果たし・・・
満足のいくそば打ちにはなりませんでした。
参加者の方々も、苦笑ながらも、そば打ちは難しいことが分かってよかったよ!と。
そんなこんなでそば打ち体験会は終了。
DSC06764_convert_20090907231119.jpg


夜の懇親会に向けて少ーし、ナカヤチさんちで休憩。
DSC06798_convert_20090907231239.jpg
一面の黄金色の田んぼを眺めながら
「今度来る時には、刈り取りが終わってるよ」と、おかあさん。
「そういえば、あの長いの来ないな?」とナカヤチさん
長いの? (背が高いってことのようです。)
「キミジマさんじゃなくて、、、」
「ユモト君ですね!」
「そうだ!」
震災から5年を振り返りながら、小一時間をのんびり過ごしました。


夜になり杜のかたらいからすぐ近くの古民家“優季庵(ゆうきあん)”で懇親会です。
そば打ち体験以外に参加した方々も集まって来ています。
勿論、役場の職員の方々もいます。
DSC06767_convert_20090907231414.jpg
総勢50名(?)が集まって懇親会スタート。
そんな中、厨房ではそばゆでも開始。
DSC06771_convert_20090907231536.jpg
慣れない厨房での見事な連係プレーによってそば茹でも無事終了。
地元の料理も沢山。で、そばの売れ行きは、いまひとつでした(苦笑


宴もたけなわの頃に、参加団体の紹介に。
最初に紹介されたが“和南津そばの郷”。
DSC06773_convert_20090907231720.jpg
その中に、オールとちぎの紹介もさせていただきました。
他には、荒谷の方々、あぐりの里で食材の加工を行っているグループなどなど。
そして、狛江市からは、手作りのミニ布草履をいただきました。
DSC06793_convert_20090907231848.jpg
狛江市の方々は、震災前からの交流だとか。
やはり地震の時には、駆けつけたいけど…と川口町を心配されていました。
そんな、川口町と狛江市との交流も深まってゆきました。


その後は、ナカヤチさんちに行って二次会が。
ナカヤチさんは、気分良く絶好調
最近はまっているという焼酎「魔王」の旨さを語っていました。
お母さんの用意してくれた枝豆やスティックセニョールやイトウリなどなど
懇親会でおなかいっぱいのはずなのに、食べちゃいました。
夜も更けてきたころ、ナカヤチさんが真面目に話し始めます。
「そばの郷、これからどうしてゆけばいいのか?」
私は、何を言おうとしているのかわかりませんでした。
和南津は集落が大きく、まとまりに…とか。
そんな話をした後でしたので、そばの郷に地区からクレームが出ているのか?
と心配したのです。
でも違ってました
「これから俺たちは、どうすればいいのか?」前向きに、この会を継続してゆきたい!と。
そばのオーナー制が始まって5年。
課題は、まだあります。
でも、あれこれ課題を言うよりも、5年間続いていることに自信を持ってもらいたい。
今以上に、そばの郷をより良いものしたいと思うことが大切ですから!
「死ぬまで、そばの郷を続けるぞ!」
という嬉しい言葉を聞くことが出来ました

嬉しい”里帰り”でした。

  1. 2009/09/08(火) 00:09:25|
  2. 新潟中越地震

大田原市社協で防災講座

 9月6日のオルとちメンバーはいろいろなイベントが重なり、かなり分散してそれぞれの活動を行いました。
 私たちは3人で大田原市社会福祉協議会で開催された防災講座に参加してきました。今回の内容はDIGと防災クイズなどです。約25名の参加者に発災を想定してシュミレーションを行いました。
 それぞれの地区の特性を考慮して地元ならではの発想がたくさん出ました。
 
 ちょっとだけ被災地での経験が多いだけのメンバーが、現地で感じたこと経験したことがお役立てできるプログラムに努めます。これからも防災の啓発にがんばります。
  1. 2009/09/07(月) 09:43:59|
  2. 会議・研修・講座・イベント

防災の日  ということで確認!

今日は、防災の日。
日本全国で、防災に関する訓練やイベントも開催されたようです。
オールとちぎでは、今週末に大田原市で防災講座を行わせていただきます。

さて、防災の日ですので確認しました。
自分の防災用品を。

注)これらは、あるオールとちぎスタッフの持ち物です。
DSC06750_convert_20090901220024.jpg
カンパン、缶詰(焼き鳥)、パンの缶詰、割り箸、ホーク、サランラップ、ファーストエイド(滅菌ガーゼ、カット版、消毒綿、正露丸、サージカルテープ、湿布)、簡易ポリタンク、ヘルメット、折りたたみ傘、生理用品、非常用保温アルミシート、ソーイングセット、10徳ナイフ、NTTの災害時のパンフ、ロープ、マッチ、ライター、マスク各種、ティッシュ、レジ袋、カイロ、ロウソク各種、ライト各種(ラジオ付き手回し用ライト(ケータイ充電可))、ふえ、ビニール手袋、携帯用ミニトイレ、トイレ用袋、居住地のハザードマップ
 その他、カッパ、長靴、手袋各種、レジャーシートは、車に常備してあります(農作業用ですけど…)

確認したところ、、、
・カンパンの消費期限が切れていました。
・ライトの電球が外れていて点灯しませんでした。(付け直しました)
・予備の電池がなかった。
・何よりも大事な“水”がありませんでした(汗
・ガムテープと油性マジックもあった方がいいかも。

その他
私の住む地域の避難所は、徒歩30秒の小さな小さな公園です。
近いのはありがたいのですが、ブランコがあるぐらいで何もないところ!
大雨による水害時は、冠水するのでアパートのお2階さんに避難させてもらうか、
早めに車で高台に避難するしかありません。



       あるスタッフの防災の日でした。。。。



皆さんも、防災用品や避難所などの確認をしておきましょう!


  1. 2009/09/01(火) 22:29:30|
  2. 未分類

カテゴリー

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。