FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

栗駒からの電話

先日、くりこま応援の会の事務所の撤収作業がありました。
生憎、私は予定があり欠席でした。
震災復興の会の皆さんが集まってきてくれて
別れを惜しむ状況に・・・
そんな日に行かずに申し訳なかったと後悔の私。。。


今日の夕方、耕英のケンさんから電話が。

ケ「てっきり来ると思っていたからさぁ~」

私的には、応援の会を引き上げても、今度は、遊びに行くつもりでいたので・・(苦笑

ひ「今度は、耕英で泊めてください!」と、ずうずうしくも宿泊のお願い。

まだ、栗駒山には地元耕英の人でさえも入山できない状況だとか。

栗駒山に登れるようになったら、是非とも行きます!

うれしい電話にテンションあがった私でした

DSC00102_convert_20090630223124.jpg



そうそう、週末に木沢のAさんからも
「TVで宇都宮餃子やってたから・・・元気ですか?今度はいつ来るの?」
なーんて電話もあったばかり


震災でつながった絆を大切に、これからも末長く行きましょう!


スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 22:33:09|
  2. 岩手・宮城内陸地震

くりこまに行ってきました

6月28日にオールとちぎから4名で参加しました。
今回の目的は、応援の会撤退に伴う、引越し及び片付けです。

宇都宮を6時に出発し、322.66キロポスト付近に気を付けながら東北道を北上。
休日割引効果の影響か、車の量が多かったです。
途中の長寿原で、福島のメンバーと合流。
栗駒に到着、とりあえず、応援の会に向かうも道を間違えて、花山経由となり、遅れて到着。
早速、掃除に取り掛かります。約1年の間でしたが、いろいろな思い出が浮かび上がります。
毎週ここでカレーを食べたり、交流したりといつもたくさんの人が集まった思い出の場所。
DSC05671_convert_20090630223556.jpg




地区の皆様に挨拶をして、さよならの時間。
決して、「もう来ない」ではありません。これからも「よそ者」として関わって行きたい。」、
「頑張りすぎないで、ゆっくり自分のペースで歩んでください。」、
「困ったことがあったら、いつでも呼んでください。
という言葉が応援の会の中で、たくさん聞かれました。
挨拶する吉田さん
挨拶するハートネット福島の吉田さん


震災から1年が経ち念願の避難命令の解除。
これからが大変かもしれません。耕英の皆さん健康に、そしてこれからもがんばってください。
→でも、あんまりがんばらなくても・・・
私たちが必要なときは、かけつけます。
柴田隊長
耕英の人達からいただいたデルフィニウムの花とモミー隊長
昨年放映したテレビドラマ「風のガーデン」のなかでは「大天使ガブリエルの蒼いマント」という花言葉になっていた。

感謝状を受け取る矢野さん
耕英の皆さんから感謝状をいただきました。

全員で記念撮影
最後にくりこま応援の館の前で記念撮影 いろいろな思い出が走馬灯のように・・・
また皆さんと笑顔で記念撮影ができますように


  1. 2009/06/29(月) 12:00:00|
  2. 岩手・宮城内陸地震

栗駒のいちご

毎週水曜日に開催しているオールとちぎ会議&V飯に合わせて
栗駒よりいちごが届きました。
大粒のケーキ用いちご“サマーキャンディ”(?)
甘さは控えめ、食べ応え充分。
会議に出席のみんなでいただきました。
ご馳走様でした。
DSC06232_convert_20090624222736.jpg

会議の報告は、というと
今週末の栗駒での応援の会の引っ越し手伝いの調整。

参加者が少なく、濃い話し合いにはならず・・・


毎週、水曜日、V飯200円でやってます。
皆さん、来てくださいね~



  1. 2009/06/24(水) 23:18:55|
  2. 会議・研修・講座・イベント

鹿沼市社協防災講座

6月10日(水)、17日(水)に鹿沼市社会福祉協議会での防災講座に講師として参加してきました。
DSC05994_convert_20090622213510.jpg

内容につきましては、避難所運営ゲーム「HUG」とその振り返り、及び「被災後半年から5年後の復興を考える」です。助っ人や見学者を含め、約40名の参加者がありました。
DSC05975_convert_20090622213740.jpg
DSC05981_convert_20090622213918.jpg

鹿沼社協の防災講座は今年で2年目、5回目です。参加者の方は年齢も職業もさまざま・・・。それぞれの考える避難所の運営の方法をグループで議論する。1人の考え、課題をグループ内で共有することで「相乗効果」があり、個人への喜びと尊重があったことで各グループ盛り上がってました。
DSC05984_convert_20090622214223.jpg
DSC05972_convert_20090622214558.jpg
DSC05985_convert_20090622214909.jpg

今週はとちぎボランティアネットワークでV飯がありますので、時間がありましたら是非参加してくださいね。
参加費(晩御飯代)は200円です。



  1. 2009/06/19(金) 17:47:25|
  2. 会議・研修・講座・イベント

岩手・宮城内陸地震から1年

つい先日、被災地での捜索活動が再開され、
お二人方の発見の報道が流れたばかりの被災地。
6月14日で1年がたちます。
前日の13日に、各地で追悼イベントが開催されました。
オールとちぎからも4名で参加しました。
今回は、神奈川より宇田川さんが参加。
この宇田川さんは、木沢の棚田のオーナーとして参加している“らんがく舎”の代表の方です。
らんがく舎では、燻製作りをしています。
耕英のイワナを燻製にしたことがあるなど、栗駒とのつながりのある方です。

宇都宮で合流し、東北道で北上。休日1000円効果か、車の量が多かったです。
栗駒に到着、まずは花山地区で開催の復興市に。
花山では、全国からボランティア仲間が集結しておりました。
白石の黒さん、栃木の桑さん、神戸のオザワ君、新潟の稲垣さん、鈴木さん
レスキューの浦野さん、震災から頻繁に栗駒に通っている青木さん、北川さん他。
復興市では、つきたてお餅がふるまわれました。
DSC06008_convert_20090615102827.jpg
花山の皆さんは、新潟の川口町田麦山からいただいたブルーTシャツを着てイベント参加。
DSC06012_convert_20090615103114.jpg
DSC06015_convert_20090615103307.jpg
花山のがんばるべえ工房のがんばるべぁーの販売もありました。
13:00より、花山会場で、震災1周年フォーラムに参加。
花山の大山会長の挨拶に続き、災害復興学会の木村拓郎氏
から過去の災害被災地での復興の取り組みの様子が紹介されました。
DSC06031_convert_20090615103531.jpg
キーワードは、たくましく
被災地ではおかあちゃんが元気!だとか
DSC06043_convert_20090615103829.jpg
中越地震の被災地、川口町の活動の様子も紹介されました。
その後、栗駒五湯復興の会の方から、現状が紹介されました。

その後、岩ヶ崎に移動し、耕英の皆さんと合流し耕英へ
バスと乗用車で山を登ります。
DSC06067_convert_20090615104154.jpg
途中、山が崩れたというより”山が動いた”ような大崩落現場を見学。
地震のエネルギーの凄まじさに、驚愕しました。
新緑の美しい山道を上ること1時間。
耕英の皆さんは、仮設住宅のある岩ヶ崎から耕英までを
毎日のように通っていたことを思うとと、頭が下がります。

耕英に到着。
会場の山脈ハウスには、耕英の皆さんが集合していました。
6.14 栗原 あありがとう、この1年
「第2の耕英開拓記念日」 
 -追悼 感謝 絆

DSC06073_convert_20090615104816.jpg
DSC06075_convert_20090615104657.jpg
大場会長の挨拶の後、多くの支援者からの挨拶が行われました。
DSC06079_convert_20090615105049.jpg
その中で、ハートネットふくしまの吉田さんより
「頑張りすぎないで、ゆっくり自分のペースで歩んでください。」
という言葉がありました。
今まで体験したことのない、被災という辛い体験。
家を離れ、仮設暮らし、家業の再建の見通しがたたぬ五里霧中の状態の方もおられるはず。
吉田さんの言葉が胸に響きます。
DSC06116_convert_20090615110323.jpg
その後、神戸より届けられた希望の灯りで焼香し、地震で亡くなられた方々を追悼。
被災者の方々と夕食をともにします。
DSC06104_convert_20090615110526.jpg
DSC06092_convert_20090615105424.jpg
DSC06101_convert_20090615105600.jpg
DSC06100_convert_20090615110054.jpg
テーブルには、耕英のイワナ・いちご、山菜のてんぷらが並びます。
夕暮れに合わせ、駒の湯の崩落現場に移動。
DSC06127_convert_20090615110727.jpg
DSC06140_convert_20090615111007.jpg
会場までの道沿いのコップキャンドルに次々に点火してゆきます。
震災日に合わせ、614個のキャンドルが用意されました。
幻想的な雰囲気に包まれた会場でご焼香が行われました。

山脈ハウスに戻り、耕英の皆さんとこの1年を振り返りました。
伝創館での不安で押しつぶされそうな日々
イワナ・いちご救出作戦
いちごジャムで感謝とともに復興をアピール
夏から秋にはイワナを、耕英の皆さんで販売しました。
立ち止まっていたら動けなくなってしまうのではないか・・・
不安を取り払うべく、みなで動き続けました。
山と仮設の往復の日々。体は悲鳴を上げていたはず
雪が降り、家屋の倒壊の危機。募る不安
雪に耐えて春を迎えます。
山に帰る!という日が近づく期待感。と、山での家業再建への不安。
11か月ぶりの避難指示解除。山に帰れる。
念願の達成。でも、山に帰っても変わらぬ不安。
そして、あの日から1年が過ぎた。
苦労の連続の日々。
しかし、開拓魂を持つ耕英の皆さんは、挑戦し続けます。
私たちも応援し続けます。
でも、自分のペースでゆっくり行きましょ。


翌日、耕英はガスに包まれていて素晴らし景色を見ることができませんでした。(残念
DSC06180_convert_20090615111321.jpg
山から下りて一関の祭べ大橋を見学。
DSC06172_convert_20090615111529.jpg
途中、崩落現場があちこちに見られました。
午後、応援の会で荷物を引き上げ、栃木へ帰りました。


  1. 2009/06/18(木) 00:08:15|
  2. 岩手・宮城内陸地震

HUG(ハグ)やります! 2回目

内容 HUG 第2回目
場所 鹿沼市社会福祉協議会
日時 2009年6月17日(水) 夜7時~9時

2009年6月10日(水)に鹿沼市社会福祉協議会でHUG(避難所 運営 ゲーム)を行いました。
この時の課題など持ち帰りとなりましたので、その内容をより議論する為に行われます。
オールとちぎより数名参加予定です。


という事で、今週もV飯はお休みです。
来週はとちぎボランティアネットワークでV飯あると思いますので、時間がありましたら是非参加してくださいね。
参加費(晩御飯代)は200円です。
  1. 2009/06/17(水) 17:41:29|
  2. 会議・研修・講座・イベント

木沢と小国の交流

2009年6月5日(金)に、新潟県川口町木沢でお年寄りと子供たちの交流会が行われました。
縁あって木沢の老人会の皆さんと、小国町の老人会のみなさんと、にな・ニーナの若いお母さんとお子さんとの交流会に平澤さんの企画で集まりました。
木沢より約20名、小国町より約25名、にな・ニーナよりお母さん約25名とおこさん約35名、そして平澤さんのお手伝いとしてオールとちぎを含め約15名、報道のかた約10名の総勢約130名で行われました。
木沢にこんなに人が集まったのは初めてではないでしょうか。
10時半より準備などあるので、とちぎは10時過ぎに木沢に到着、先に来ていた小国のみなさんが手作りのわらじや、笹団子など販売していました。
DSC00966.jpg
DSC00967.jpg
わらじは木沢でも作るのですが、平澤さんいわく「小国のみなさんはとても器用で上手」とのこと。これを販売して町おこしできるといいねなど話していました。
DSC00975.jpg
11時ころになり、にな・ニーナの若いお母さんと子供たち総勢50名が到着し一気に会場がにぎやかになりました。
DSC00979.jpg
お昼近くになり、地元の山菜料理、おむすび、
DSC00993.jpg
DSC00976.jpg
ソバ打ちをしているのは星野さん(キムチづくりもしています)
DSC00978.jpg
平澤さん手作りの釜で焼く米粉のピザ。釜は栃木の大谷石でできています。
DSC00996.jpg
平澤さんのあいさつで交流会が始まりました。
DSC01005.jpg
子供たちとおばあちゃんととても楽しいお昼です。
DSC01008.jpg
おさらは、葉っぱを使い、お箸は桜の木で作っています。全部自然のものというとてもエコな食事交流です。
DSC00982.jpg
食事の合間にわらじづくり体験をしています。とても人気で順番待の列ができていました。
DSC01014.jpg
子供たちはメエちゃんに餌をやりに。子供たちのさしだす草を全部平らげるメエちゃんスゴイ食欲だ。さすが2匹のお母さん。
DSC01016.jpg
にな・ニーナのみなさんが、お礼として”むすんでひらいて”と”でんでんむしむし”を披露してくれました。
でんでんむしむしでは、全員参加で左手をグー、右手をチョキ、左手を上にするとかたつむりのできあがり~、を左右交互にグーとチョキを歌に合わせて変えます。これが意外と難しくてみなさんできてるかな~。正しくは下がチョキ上がグーです。
DSC01018.jpg
あれ~??左のおじさんはチョキが上にきてるぞ・・・、右のお兄さんはちゃんとカタツムリになってますね。
楽しい交流会もあっという間の時間でした。
DSC01019.jpg
最後に、一日お世話になったおばぁちゃんと記念撮影をしてお別れ。みなさんにとって楽しい日になったようです。
小国のみなさんには、中越沖地震の時のオールとちぎの拠点が小国にあり、縁があって平澤さんの企画した今回の交流会へと発展しました。高齢化が進んでいる木沢と小国のみなさんにとって、若いお母さんと子供たちとの交流はとても楽しい時間となったようです。みなさんの笑顔がそれを語っていました。次は小国にみんなで行く約束をしていました。10月に予定しているそうです。
DSC01024.jpg
帰りに棚田を視察と、平澤さんの息子さん(平澤やすひろさん)がお店を出したところへ行きました。川口町より小千谷へ向かう途中の国道沿いにあります。
DSC01035.jpg
中越地震の追悼イベントを毎年行っているキャンドルのお店の2号店です。
今年は中越地震から5周年となります。平澤やすひろさんは10月の追悼式へ向けて準備も始まっているとのこと、災害を忘れないために今後も活動を続けていくそうです。
  1. 2009/06/05(金) 21:15:00|
  2. 会議・研修・講座・イベント

HUG(ハグ)やります! 

6月10日(水)夜に、鹿沼市社会福祉協議会を会場に、HUGを行います。

HUG(ハグ)とは、避難所運営ゲーム hinannzyo unnei ge-muの略です。

災害が起きると避難所が設置されます。
避難所でどのようなことが起こるのか?
災害が起きた時のイメージを持ってもらうためのシュミレーション。
災害は突然やってきます。
何の前触れもなく・・・
現時点での避難所運営の体制や弱点がわかります。

そんなHUGを、オールとちぎのメンバーが講師となって開催します。
残念ながら、参加の申し込みは終了しました。



ということで10日と翌週の17日のV飯は、お休みします。




  1. 2009/06/04(木) 21:39:31|
  2. 会議・研修・講座・イベント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。