FC2ブログ

おるとちのぶろぐ

新潟中越地震を期に発足した『災害ボランティアオールとちぎ』の情報発信ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

集まった

災害ボランティア オールとちぎの母体である
‘認定NPO法人 とちぎボランティアネットワーク’
通称‘Vネット’で、懇親会がありました。
Vネットを応援する「サンクスVクラブ」の懇親会です。

Vネットの設立前から、矢野ボスのことを知っている方々が集まり、
設立当初の話や様々な先駆的活動を話されました。
あん時はすごかったね~とか。
栃木県内の濃い~人たちの集まりは、熱気に満ちていました。

そんな集まりにオールとちぎからも参加
モミー、菊池おかあさん、アマチー、徳さん、
DSC04613_convert_20081130203507.jpg

矢野ボス、キミジマさん、アオキはカメラマン、ユモティは体調不調で帰りましたが・・・
DSC04608_convert_20081130204023.jpg



忘年会は、別にやりますよ~(笑


スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 20:45:10|
  2. 会議・研修・講座・イベント

「くりこま」から・・・

16日の作業終了後、定例の「カレーの日」がありました。
すっかりおなじみとなった、「カレーの日」にたくさんの方に来ていただいています。
おいしいカレーをいただいた後、私たちは、今後の支援の仕方について話し合いました。
これから寒さが厳しくなる生活の中、更なる「応援の形」がないか話し合いました。

つづく・・・
  1. 2008/11/19(水) 19:05:31|
  2. 岩手・宮城内陸地震

くりこま「雪囲い」ボラ

11月15日(土)、16日(日)の日程でくりこまに行ってきました。
今回は、雪囲いのためのコンパネで窓や出入口を加工作業です。
オルとちからは、3名で参加でした。
DSC03043_convert_20081127010340.jpg
DSC03049_convert_20081127010517.jpg
すっかり葉も落ち、薄らと雪の跡も感じられるなか、家主と一緒に作業させていただきました。
私たちの班は、比較的早く作業が終了しましたので、家主といろいろなことを話しました。
P1010128_convert_20081127010650.jpg
昼食は、暖かいそば or うどん とご飯です。地元の協力でボラに食事提供がなされました。感謝いたします。

また、来週も「雪囲い」作業があります。
雪が降り出す前に作業を終了したいと思いました。来週もがんばりたいと思います。
  1. 2008/11/18(火) 15:53:06|
  2. 岩手・宮城内陸地震

和南津そばの郷 収穫祭 

11月16日(日)に和南津そばの郷において収穫祭が開催されました。
今回は、栃木より4名が参加しました。
あいにくの雨で農作業はキャンセルで、早速のそば打ちの開始。
この日は、他でもイベントが行われていて参加者は少なめ。
本町通り商店街で毎月開催している“よってげてぇ~ふれあい市”もこの日の開催でした。
snap_alltochigi_2008112234227.jpg
よってげてえに出店の田麦山自然塾のマサオそばは、
和南津産100%のそば粉だそうです。すごい!
よってげてぇでは、「にこパーク」での花の種まき他が行われたそうです。

で、今回で3回目(?)となる集落センターでのそば打ちの方は・・・
そば粉は、先月のそば刈り取りで収穫したものを製粉したもの。
和南津産そば粉100%! 収量も予想以上の出来だったとかっ
準備も整い、早速のそば打ち開始。しかし、今回も先生は不在・・・
用意された“ふのり”の分量も目分量で打ち始めます。
DSC04526_convert_20081118230533.jpg
DSC04528_convert_20081118230720.jpg
DSC04531_convert_20081118230943.jpg
同時進行でニ八そばも打ちます。
5つのこね鉢で作業は進み、それぞれのペースで水回し、こね、まで行くと
やっぱり「おーいアオキさん、菊練りはどうするんだ!」とヘルプが殺到。
あっちで菊ねり、こっちでのし、たたみ、切り・・・
DSC04541_convert_20081118231136.jpg
それぞれのペースにあわせてそば打ちが進みます

そのうち参加者が一人二人と増えてゆき
お母さんたちもお昼の用意に集まってきました。
埼玉から参加組も到着し総勢約20名のそば打ちです。
用意した舟(切ったそばを入れる入れ物)も足りなくなるほどの
DSC04550_convert_20081118231341.jpg
DSC04549_convert_20081118231445.jpg
子供たちにからかわれるカスガさん↑

皆さんのやる気で、熱気はムンムン。
お昼近くになり皆さんで打ったそばをゆでにかかります。
DSC04556_convert_20081118231737.jpg
DSC04558_convert_20081118231853.jpg
今までは、ゆで担当のキミジマさんがいましたが今回は欠席。
これまた見よう見まねで茹での開始。
1分45秒がいいとか・・2分がいいとか・・

なんとかゆで上がり、センター内で“収穫祭”スタート!
昨年同様、今回も一般の方の参加はなし。
(来年こそは和南津の皆さんに食べていただけるように腕をあげなきゃね)
DSC04572_convert_20081118232049.jpg
DSC04567_convert_20081118232231.jpg
そば畑の地主さんも数名参加してくださいました。
そんな中、オルとちの関口さんのご両親もはるばる芳賀町より参加。
DSC04569_convert_20081118232529.jpg
大規模に稲作となしの栽培をしているご両親。
収穫が終わったばかりのなし“にっこり”を沢山お土産に持ってきてくださいました。
採れたてのみずみずしいなしも皆さんでいただきました。

“へぎそば”と“ニ八そば”を食べ比べました。
へぎそばがいい人もいればニ八がいいとい人もいて、意見は賛否両論。
しかしながら、自分達で打ったそばは、おいしかったです。
だれも極太うどんなんてのは打ってないですよね。
そばにてんぷら、お漬物、キムチ、けんちん汁、おにぎりなどなど
地域のご馳走をいただきました。
DSC04574_convert_20081118232719.jpg
帰りには、大根や白菜、カリフラワーなどをお土産にいただいて帰りました。

と、和南津を出る前に久しぶりにキタムラ家へ。
庭で雪囲いの作業をしているご主人と作業員!?
いや失礼、高校生になったY吾でした。
ラグビーをやっているとか、がっちりした体で原チャリを乗り回していました。
DSC04578_convert_20081118232943.jpg
DSC04582_convert_20081118233134.jpg
ばあちゃんも畑から戻ってきて、かぶやビタミン大根、焼酎付けの柿などを沢山
お土産にいただきました。

あちこちで沢山のお土産をいただいて栃木へと向かいました。
今度来るのは、雪が降ってからかなぁ~
田舎に帰ったような感覚になったのは、私だけではないでしょう。
  1. 2008/11/17(月) 16:52:18|
  2. 新潟中越地震

よりみち大学って何!?

よりみち大学とは、「里山の環境を見つめ直すことにより、古き良き時代の里山の暮らしの知恵や人とのつながりから、現代社会の環境問題・社会問題に対しての尊い学びを得ること」・・・一部抜粋
なぜ、この話をするかといいますと11月22日、23日に川口町旧田麦山小学校にて第1回講座が開催されるからです。

詳しくは http://www.ojiya-genki.jp/ をご覧ください。

  1. 2008/11/10(月) 00:05:36|
  2. 新潟中越地震

繋がり・・・

今朝ほど携帯に川口町のKさんから電話がありました。
昨夜、NHKで放送(1日の再放送分)された
岩手・宮城内陸地震被災地の現状を伝える番組をみてかけてきました。
栗原市耕英地区での復興に向けて活動している方々の
様子が映し出されていたと。
その中に、“震央”Tシャツの後姿がありました。
4年前の川口町のボランティアセンターで活動していた菅原さんでした。
この菅原さんは、ハートネットふくしまさんと我がとちぎボランティアネットワーク
が復興を支援している“くりこま応援の会”のスタッフです。
その彼の後姿や、耕英地区の方々がイワナをイベントで販売している様子、
雪が降る為の対策も出来ないまま、山に戻れずにいる現状・・・
様々な苦悩が映し出されていました。

そんな映像を見て、川口からも応援したい!という気持ちになり
早速電話をかけてきたようです。
うれしい電話に目が潤んでしまいました。

震災から5ヶ月がたち、首都圏などでは報道されなくなった岩手・宮城の被災地。
しかし、今回のように被災地を思う人が少しづつ増えていっています。
被災地同士の繋がりが広がっていっています。
  1. 2008/11/07(金) 19:56:22|
  2. 岩手・宮城内陸地震

蔵王にいるけど…

蔵王での講習会に参加していた時の話。
栃木の友人から携帯にかかってきた山男K。
友人とKとのやり取り。

友「週末だからどうせ家にいないんだろっ」

  K「まあ~そうだけど」

友「で、どこにいんの?   山? 被災地? どっち?」

  K「蔵王にいるけど…」

友「山登ってんの!」

  K「いやーボランティア講習受けてる。」

友「・・・」

以下省略

  1. 2008/11/06(木) 00:02:46|
  2. 未分類

棚田の収穫祭

11月2日(日)~3日(月)に行われる「棚田
11月1日の「地域復興交流会『心の駅』」に参加した夜は川口町にある木沢ハウスに泊まりました。
翌日の棚田収穫祭に参加するためです。大阪からきた学生も宿泊しました。
寝袋を準備していったのですが、なんと平澤さんは今後のことも考えて布団を何組か購入していました。いつも寝袋で寝ていたので布団で寝られてついつい寝過ごしてしまいました。
翌朝はざかけをしていたパイプを解体するために学生達と平澤さんは棚田へ向かいました。人数が足りていたので、栃木組は別行動で、和南津へ11月16日に行われるそば打ちの話を聞きに行きました。代表の方の家では手刈りしたそばの種を天日干しするところでした。当日はおいしいそばが打てるといいですね。
さて、午後になり木沢ハウスで収穫したお米を配ったり、今年一年を振り返ってアンケートを行いました。
夕方4時から川口町にある古民家で棚田収穫祭が行われました。総勢約40名で行われました。棚田で収穫されたお米を炊くのに、昔ながらの方法で籾殻で炊きました。最初はなかなか火が安定せず、ご飯が炊けるのか心配でしたが、地元のおばちゃんたちの的確な助言により見事にぴっかぴかのご飯が炊き上がりました。他にも地元料理がたくさん並びました。交流会に参加した皆さんはこの日ここに泊まりですたが、栃木組は6時頃には帰りました。
木沢の棚田に参加して、あのすばらしい景色の中で作業ができたことをがとても楽しかったです。
来年も楽しい活動になると良いですね。
木沢に棚田ホームページはこちら
http://kizawahouse.ina-ka.com/top.html
来年の募集もすでに始まっています。すばらしい景色とうんまい魚沼産コシヒカリを是非堪能してください。
  1. 2008/11/05(水) 21:14:03|
  2. 新潟中越地震

OGP主催の交流会に参加してきました

11月1日(土)17:30から小千谷で開催された「地域復興交流会『心の駅』」に参加してきました。
これは、OGP(おぢや元気プロジェクト)の代表 若林さんのお誘いがあり、交流と近況報告を兼ねて、オルとちから3名行かせていただきました。
広い会場とたくさんの人達(80名ぐらいかな)がいました。なかには、知っている人もたくさんおり復興の話と交流で盛り上がりました。
そんななか、OGPのメンバーがオルとちの活動と「くりこま応援の会」を紹介していただき、くりこまの現状をお話できる機会をいただきました。
さらに会場にて募金をしていただき、たくさんの善意と応援をいただきました。OGPをはじめ、皆さんのたくさんの支援に感謝いたします。
この募金は、4日(火)に「くりこま応援の会」に届けてきました。その様子はまた後日・・・
このような交流と皆さんのネットワークを活用し、支援をする形があることはすばらしいことですね。
たくさんの人に支えられている「オールとちぎ」はもっと、もっとがんばりたいと思います。
  1. 2008/11/04(火) 23:51:26|
  2. 新潟中越地震

DRT2008 in宮城 2日目

DRT二日目の朝もすばらしく晴れ渡りました
DSC04439_convert_20081104234425.jpg
朝からチェーンソーのチェーンのメンテナンスのレクチャー
DSC04448_convert_20081104234718.jpg
DSC04451_convert_20081104234935.jpg
道具は、いざという時に本領を発揮できないと困ります。
常日頃から愛情をかけてないと、いけませんね。
DSC04454_convert_20081104235140.jpg
君嶋さんのロープワークも。

ヤマヤさん他みんなで作った炊き出しでおなかを満たし二日目の講習の始まりです。
始まる早々に「昼には雨だな・・・」と、宮城の皆さんの話。
蔵王の山ににわかに暗雲が流れ込んできていました。
雨に降られる前にと講習は、昨日やったことの総仕上げとして
会場の使用していない電柱の撤去、U字溝の移動および切断、
そして、女性陣全員で行なった角材や丸太をまき用に短く切る作業。
DSC04461_convert_20081104235421.jpg
DSC04478_convert_20081104235650.jpg

DSC04482_convert_20081104235924.jpg
女性5名でチェーンソーを使って切り始める。
はじめは恐る恐るだったのに慣れてくるとガンガン切ります。
山だった木材は、短いまきの山になりました。

途中、U字溝のジャッキアップの説明。
山形から夜勤明けに参加してくれた“ジャッキー”さん。
油圧式のジャッキの使用注意点(特に下ろす時)や
車のジャッキの使用方法などの説明がありました。
DSC04457_convert_20081105000213.jpg
DSC04469_convert_20081105000423.jpg
4年前の塩谷で子供が亡くなられた倒壊家屋には、多数のジャッキが見つかったそうです。
地域の皆さんが車からかき集め、押しつぶされた屋根を押し上げる
救出作業を行ないました。地震から2時間の必死の作業。
真っ暗な闇の中、助けを求める声を助けるべく動いた地域の皆さん。
地域の力、助け合いの形があったからこその話。
これが都市部では・・・

それぞれの作業が終了し、講習も終了。
蔵王の山には、なんと虹がかかっていました。
DSC04475_convert_20081105000806.jpg
講習は雨に降られずに、無事に終了することが出来ました。
DSC04486_convert_20081105001022.jpg
全国各地から参加された皆さん、大変お疲れ様でした。
今後、この講習が役立つようなことがないことが一番の理想ですが
現実問題として、災害の発生頻度は高い確率にあります。
近い将来に起きる災害に備えて、皆さん地元に戻って
技術の向上と、地元への地域力向上の働きかけを進めて行きましょう!

その後、参加者の何名かが、くりこま応援の会に
”カレーの日”の応援に駆けつけてくれました。

  1. 2008/11/03(月) 23:21:14|
  2. その他地域

DRT2008 in宮城 1日目

11月11日、2日と、宮城県白石市蔵王の山麓にてDRT2008が開催されました。
栃木より2名で参加しました。

会場のある白石市は、黒澤さんのご実家がある地。
先月、サプライズ訪問させていただきました。
その白石市に早々に到着。
時間があるので白石城を見学。
歴史に詳しい君嶋さんの説明を受けながらお城へ。
天気も快晴で天守閣からの眺めは素晴らしかった。
DSC04345_convert_20081103223412.jpg
するとやはり災害現場で見たことのある顔が・・・
DRTに参加する方々も観光のようでした。
城を後にし、白石名物の“温麺(うーめん)”で昼食。

その後、会場である「南蔵王協働学舎」さんへ移動
会場には、北海道、宮城、埼玉、東京、栃木、神奈川、
長野、新潟、富山、岩手他からの参加者・講師の姿がありました。
IVUSAの皆さんやくりこま応援の会の菅原さんも参加。
会場は、蔵王の山並みを見渡せるロケーション抜群の場所にありました。
DSC04354_convert_20081103224910.jpg
会場に並ぶチェーンソーやエンジンカッターなどなど
災害現場で見てはいたが使ったことのない道具が勢ぞろい!
DSC04351_convert_20081103225148.jpg

さて講習開始。
チェーンソーのレクチャーを受けてからグループに分かれて実演です。
DSC04362_convert_20081103225445.jpg
DSC04373_convert_20081103225647.jpg
丸太を上から、下から切ったり、チェーンソーの先端だけ使ってでコンパネを薄ーく切ったり。
DSC04385_convert_20081103225951.jpg
DSC04389_convert_20081103230205.jpg
その後、エンジンカッターなどの使い方も教わりました。
DSC04401_convert_20081103230537.jpg
数々の災害現場を経験しているからこそわかる“コツ”や注意点など
四川省の現場でのことや小千谷市塩谷でのことなど
道具の使い方講習だけではなく、災害現場に必要とされる被災者への配慮などの
話もありました。
夕暮れで1日目の講習終了。

夜は、遥々富山県から来てくれた“ヤマヤ物産”さんによる炊き出しを
みなでいただきました。温かな夕食、ありがとうございました。
DSC04407_convert_20081103230808.jpg
DSC04409_convert_20081103231015.jpg
このヤマヤさんは、災害時などの炊き出しに使用する厨房機器
の会社です。他にも、簡易シャワーの設備も用意していただきました。
夕食会では、現在、栃木と福島で支援活動を継続している
DSC04416_convert_20081103231239.jpg
岩手・宮城内陸地震の被災地の状況報告が栃木の君嶋さん
くりこま応援の会の菅原さんよりありました。
DSC04422_convert_20081103231500.jpg
また、宮城災害救援ボランティアセンターさんやRB(=レスキューバイク)さん
HS神戸の助さんこと吉村さんから中国四川省での活動紹介もありました。
DSC04426_convert_20081103231800.jpg
最後に、黒澤さんより阪神淡路大震災から現在に至るまでの災害現場での
活動の紹介、そして、公的機関の救援活動が開始されまでには時間がかかること
民間での救援の必要性、そして何よりも、地域での助け合いが災害の被害を
最小限に食い止められることなどを話していただきました。

蔵王の夜空には満点の星空が広がっていました。
澄み渡った夜空の下、夜は更けて行きました。


  1. 2008/11/02(日) 21:13:48|
  2. その他地域

カテゴリー

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

オールとちぎ事務局

Author:オールとちぎ事務局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。